MENU

フォトフェイシャルについて知っておこう!

 

 

フォトフェイシャルとは光を使った治療になります。

 

IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を顔に放射します。

  • しみ
  • そばかす
  • くすみ
  • にきび跡
  • 赤ら顔

 

これらの症状に効果が望めるといわれています。

 

 

フォトフェイシャルとレーザーの違い

 

フォトフェイシャルとレーザーってどう違うの?
そんな疑問を持っているかたが多いですよね。

 

レーザーも光をあてて、治療しますが、
大きな特徴は、単一の波長をもった光をつかうところ。

 

一方、フォトフェイシャルは光を一旦フィルターに通して、必要な域の光だけをとりだします。

 

 

レーザーは、単一で強力だけど、融通が利かない。

 

フォトフェイシャルは、目的にあわせて、光の種類を変化させることができるけれど、レーザーよりもパワーが弱い。

 

こんな感じです。

 

 

フォトフェイシャルのほうがひとつの機械で
お肌のいろいろな悩みに対応できる総合力がある。

 

一方、レーザーは単一の悩みにあわせたピンポイントな治療法。

 

フォトフェイシャルは施術後すぐに日焼け止めや化粧をしてもいいのが利点です。

 

 

価格はいくら?

 

フォトフェイシャルでも行う場所というかお店によって価格が違ってきます。
私は美容皮膚科で行ったんですが、1回に3万5千円くらいしました。

 

エステや美容整形外科とかでもできるそうですが、
価格が安いところは光が弱く効果が出にくいとも聞きました。

 

しっかり皮膚科医と提携している所の方が万が一の時に安心ですね。

 

 

フォトフェイシャルの効果はどうなの?

 

1回でダメでも、数回で効果がでる場合があります。

 

複数回受ける場合は、4週間くらい期間を空けないといけないと言われました。

 

 

目隠しをされるのですが、光があたるときに、
カメラのフラッシュのようにぴかっとするのが感じられます。

 

脇の脱毛をやった人はわかると思いますが、あんな感じです。

 

 

フォトフェイシャルを当てたあと、鏡をみると ポツポツと赤くなっていました。

 

最初は少し心配になりましたが、先生が見てくれると赤くなってるね〜
でも引くから大丈夫よ。と言ってくださいました。

 

 

フォトフェイシャルはシミやそばかすを消す効果があると言われていたのですが、実際にはそんな劇的な効果は感じませんでした。

 

 

ただ確かなのは、肌が綺麗になったこと。

 

くすみがとれて明るくなりました。

 

35歳の私にはほとんど感じませんでしたが、たるみの改善にも効果があるそうです。

 

肌のコラーゲンを再生してくれるんだとか。

 

 

またフォトフェイシャルでシミ消しに兆戦したいかと聞かれたら?

 

そうですね〜

 

お金が高い割にはそんなに効果を感じなかったので今のところはやらないですね〜

 

スキンケアと飲み薬(ハイチオールホワイティア)で頑張ってみようと思います。

 

もっと、たるみも気になってお金がたまったら、もう一度やってもいいかなって感じです。

 

スキンケアでシミ消しを頑張るならコレ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ