MENU

よくあるビーグレンとアンプルールの比較 どっちを買えばいいの?

シミ消しに効果が高いスキンケアを調べていくと
ビーグレンとアンプルールという2つの名前が目に付きます。

 

ビーグレンとアンプルールはどちらを使ったほうがいいのでしょうか?

 

 

まずは、ビーグレンとアンプルールについて1つずつ見ていきましょう。

 

 

ビーグレン

 

 

  • トライアルセットは1,944円(税込・送料無料)
  • ハイドロキノンの濃度は1.9%
  • アメリカの男性医師が開発
  • 独自の浸透技術のQuSome(キューソーム)で浸透力が抜群にいい&低刺激

 

 

 

アンプルール

 

 

  • トライアルセットは1890円(税込・送料無料)
  • ハイドロキノンの濃度は2.5%
  • 美容皮膚科医の女医が開発
  • 新安定型ハイドロキノンという形で低刺激・浸透力UP
  • 洗顔からクリームまで新安定型ハイドロキノンを配合

 

 

ビーグレンとアンプルールの共通点

 

ビーグレンとアンプルールの共通点はハイドロキノンを使っている点です。

 

ハイドロキノンはシミを薄くできる成分として皮膚科でも処方されるくらい
医学的にも効果が実証されている成分です。

 

ただ、濃度には違いがありますが、
一見ビーグレンのほうが濃度としては低いですが、
浸透力のことを考慮にいれると約3倍から10倍の効果があるそうです。

 

そうなるとビーグレンのほうがアンプルールよりも期待できる効果は高いのかなと思われます。

 

 

 

ビーグレンがアンプルールに優っている点

 

価格も使っている成分もほとんど同じで迷う人が多い2つのスキンケアですが、
私ならこう結論ずけます。

 

ビーグレンの方が浸透力が高いのでビーグレンを使う!

 

ビーグレンの浸透力は麻酔の技術を応用しているもので、
世界的にみても医療技術をスキンケアに応用したスキンケアとしては類をみないと思われます。

 

シミ消しはすぐにはできるものではありませんが、
じっくり行うだけの価値がビーグレンにはあるのではないでしょうか。

 

 

ビーグレンのお得なトライアルはこちら

 

 

同じドクターズコスメで美白にもエイジングケアにもおすすめなのが、「ジュランツ」というスキンケア。
高須クリニックの女医さんが開発したとあって注目度も効果もかなり期待できそうです。
ジュランツの口コミもとてもいい感じなので使ってみる価値はあるスキンケアかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ